予防

LCDモジュール使用上の注意

この液晶パネルをご使用の際は、以下の点にご注意ください。

1.メーカーは変更する権利を有します

(1)。抵抗できない要因の場合、メーカーはバックライト調整抵抗器を含む受動部品を変更する権利を有します。(抵抗器、コンデンサ、およびその他の受動的なコンポーネントのさまざまなサプライヤは、さまざまな外観と色を生成します)

(2)。製造業者は、PCB / FPC /バックライト/タッチパネル...バージョンを抵抗できない要因で変更する権利を有します(供給の安定性を満たすために、製造業者は電気的特性および外形寸法に影響を与えることなくバージョンを変更する権利を有します。 )

 

2.インストールに関する注意事項

(1)。モジュールを取り付けるには、4つの角または4つの側面を使用する必要があります

(2)。モジュールに不均一な力(ねじり応力など)が加わらないように、設置構造を検討する必要があります。モジュールの設置状況は、外力がモジュールに直接伝達されないように十分な強度が必要です。

(3)。偏光子を保護するために、表面に透明な保護プレートを貼り付けてください。透明な保護プレートは、外力に耐えるのに十分な強度を備えている必要があります。

(4)。温度仕様を満たすために輻射構造を採用する必要があります

(5)。カバーケースに使用されている酢酸タイプと塩素タイプの材料は、前者が高温で偏光子を腐食する腐食性ガスを生成し、後者が電気化学反応を破るため、説明されていません。

(6)。ガラス、ピンセット、またはHBペンシルリードよりも硬いものを使用して、露出した偏光子に触れたり、押したり、拭いたりしないでください。ほこりっぽい服を片付けるためにlearnを使用しないでください。素手や脂っこい布で偏光子の表面に触れないでください。

(7)。唾液や水滴をできるだけ早く拭き取ってください。偏光子に長時間接触すると、変形や変色の原因になります。

(8)。内部回路の強度が不足しているため、ケースを開けないでください。

 

3.操作上の注意

(1)。スパイクノイズは回路の誤動作を引き起こします。次の電圧よりも低くする必要があります:V =±200mV(過電圧および低電圧)

(2)。反応時間は温度に依存します。(より低い温度では、それはより長く成長します。)

(3)。明るさは温度に依存します。(低温になると低くなります)、低温になると反応時間(スイッチを入れてから明るさが安定するまでかかります)が長くなります。

(4)急激に温度が変化したときの結露に注意してください。結露により、偏光子または電気接点が損傷する可能性があります。色褪せ後、にじみやシミが発生します。

(5)。固定パターンを長時間表示すると、残像が出る場合があります。

(6)。モジュールには高周波回路があります。システムメーカーは、電磁干渉を適切に抑制しなければなりません。干渉を最小限に抑えるために、接地とシールドの方法を使用できます。

 

4.静電放電制御

モジュールは電子回路で構成されており、静電放電により損傷する可能性があります。オペレーターは静電ブレスレットを着用し、接地する必要があります。インターフェイスのピンに直接触れないでください。

 

5.強い光への暴露に対する予防措置

強い露光は偏光子とカラーフィルターの劣化を引き起こします。

 

6.ストレージに関する考慮事項

モジュールをスペアパーツとして長期間保管する場合は、以下の注意が必要です。

(1)。暗い場所に保管してください。モジュールを日光や蛍光灯にさらさないでください。通常の湿度温度で5℃〜35℃に保ってください。

(2)。偏光子の表面は、他の物体と接触してはなりません。発送時に梱包することをお勧めします。

 

7.保護フィルムの取り扱い上の注意

(1)。保護フィルムが破れると、フィルムと偏光子の間に静電気が発生します。これは、電気的接地およびイオンブロー装置によって行う必要があります。 人はゆっくりと注意深くはがしました。

(2)。保護フィルムには、偏光子に少量の接着剤が付着しています。偏光子に留まりやすい。保護フィルムは慎重に剥がしてください。しないでください。 軽いシート摩擦。

(3)。保護フィルム付きのモジュールを長期間保管する場合、保護フィルムを剥がした後でも、偏光子にごく少量の接着剤が残っていることがあります。

 

8.その他の注意が必要な事項

(1)。モジュールに過度の影響を与えたり、モジュールに変更や修正を加えたりしないでください

(2)。プリント回路基板に余分な穴を残したり、形状を変更したり、TFTモジュールの部品を交換したりしないでください

(3)TFTモジュールを分解しないでください

(4)。動作中は絶対最大定格を超えないでください

(5)。TFTモジュールを落としたり、曲げたり、ねじったりしないでください

(6)。はんだ付け:I / O端子のみ

(7)。保管:帯電防止容器包装および清潔な環境で保管してください

(8)。お客様への通知:モジュールを使用するときはお客様に注意を払い、モジュールの部品にテープを貼らないでください。テープがはがれる可能性があるため 部品の機能構造を破壊し、モジュールの電気的異常を引き起こします。

メカニズムが制限されていて、パーツにテープを貼り付けることが避けられない場合、この異常な状況を回避する方法は次のとおりです。

(8-1)アプリケーションテープの粘着力は、[3M-600]テープの粘着力を超えてはなりません。

(8-2)テープを貼った後は、はがさないでください。

(8-3)テープのカバーを外す必要がある場合は、加熱アシスト方式を使用してテープのカバーを外すことをお勧めします。